転勤妻の日々のできごと。大好きなカフェ巡りやささやかな日々の出来事などを綴っています^^現在大阪在住です☆


by ふう。

阪神淡路大震災から22年…

今日で、阪神淡路大震災から22年。
夫はこの時、神戸の大学に通っていて、東灘区のマンションに住んでいたそうです。
何が起きたか、すぐにわからない程の揺れが襲ってきた、と話してくれたことがあります。
6434人の尊い命。数字では「6434」と表されるけど、この数字の裏には、計り知れない悲しみが広く、深く刻まれているのだと思います。
e0199114_17001893.jpg
21年前、友人と一緒に、震災から1年経った神戸に行きました。
震災復興支援のためのコンサートを見に行ったのですが、このときに、小学生の子どもたちが歌ってくれた「しあわせ運べるように」という歌を聞いて、涙が止まりませんでした。
この歌を、神戸の子どもたちは今なお歌い継いでいます。
震災を忘れない、風化させない、後世にしっかり語り継ぐ、という覚悟を感じます。

天災は、いつやってくるかわかりません。
阪神淡路の震災のあとも、多くの天災が日本を襲い、その度毎に、「この教訓を生かして」という言葉を聞いてきたけれど、私は、恥ずかしながら、ちゃんと生かせていないような気がします。 
本当に、しっかりと考えなければ…と思います。



[PR]
Commented by miduki0902 at 2017-01-17 22:39
こんばんは♪
あの地震の時、私は前の結婚で奈良に住んでいました。
その前日、元夫の実家の高知から飛行機に乗って関西に戻りました。
空から見た関西は、綺麗でした。

実家が神戸の西、道が寸断されて実家にも帰られなかったです。

次に大きな地震を体験したのが、広島・愛媛の大地震の時かな?

阪神大震災の時に、奈良の職場の人が「奈良は地震が無くて良いよね」って言っていて、イラッとしました。
天災は本当に、いつやってくるか分かりません。
Commented by hirakari17 at 2017-01-17 23:13
もうそんなに経つんですよね。
妹も東灘区に住んでいて、連絡がつかなかったので、両親が毛布を持って探しに行ったのが忘れられません。
元気で今日を迎えられる事に感謝ですね。
Commented by whoslife at 2017-01-18 10:01
〉miduki0902さん♪
こんにちは!コメントありがとうございます☆

阪神淡路の時は、奈良にいらっしゃったんですね。
奈良もけっこう揺れたと聞きました。
朝方だったから、本当にビックリされたことと思います。
しかも、すぐにご実家にも帰れなかったんですよね…。
親御さんもとても心配されたことと思います。

自分が住んでいるところが他と比べて地震が少ないからいい、っていうお考えの元同僚の方。何気ないお言葉だったとは思うのですが、天災はいつ、何時、自分を襲ってくるかわからないですよね…。その方のお言葉に違和感を感じたmiduki0902さんの優しいお気持ち、ホントに素敵だな、と思います!
Commented by whoslife at 2017-01-18 10:11
〉hirakari17さん♪
こんにちは!コメントありがとうございます☆

震災当時、妹さんが東灘区にいらしたんですね!
娘さんと連絡がとれず、居ても立ってもいられなかったご両親のお気持ち、どんなに辛かったことでしょう…。
夫が、あのときの、自宅の周辺は本当に凄まじかった…と話してくれたことがあります。
全壊した家やアパートもたくさん目にしたそうです。
当事者にとって、その光景は、一生忘れられないものなのだと思います。

おっしゃる通り、元気で22年目を迎えられたこと、感謝しながら、丁寧に過ごしていきたいものですね!
by whoslife | 2017-01-17 16:47 | 転勤妻のつぶやき。 | Comments(4)