転勤妻の日々のできごと。大好きなカフェ巡りやささやかな日々の出来事などを綴っています^^現在大阪在住です☆


by ふう。
e0199114_12222330.jpg
11月10日から、韓国限定で発売されていたスターバックスのプリンが日本でも発売開始されました♪
昨日、発売日のお昼に行ったら、すでに売り切れていたので、リベンジで今日の午前中、行ってきました!
カスタード味もチョコ味も両方あって、とりあえずホッ(*^^*)
チョコ味、初めに写真の左端のものを2つ手にしていたら、店員さんが「チョコ味のホリデー限定のパッケージ、2種類出てるんで、よろしければ別のパッケージのものをお探ししましょうか?」とおっしゃってくださり、バックヤードから右端のパッケージのものを出してくださいました(涙)
今日伺った店舗でも、昨日は昼前に売り切れたとか。
このホリデー限定パッケージは、なくなり次第黒のパッケージに変わるそうです。
食べ終わったあとは、小物入れにしたり、プランターとして使ったり、と再利用可能なので、スタバラバーとしては、そこも嬉しいところです!
今夜、夕食後のデザートに、家族でいただきます♪

[PR]
# by whoslife | 2016-11-11 12:21 | スタバにて。 | Comments(2)
e0199114_10525363.jpg
今、BS朝日で朝8時30分から放映されている「本当に良い時代(참 좋은 시절)」。朝、娘を送り出したあと、朝ごはんを食べながら視聴しています。主人公のカン・ドンソク役はイ・ソジン、相手役のチャ・ヘウォン役はキム・ヒソン、カン・ドンソクの弟カン・ドンヒ役には2PMのテギョン、その他の役者さんもとても素敵な演技派の役者さんばかり。
慶州が舞台で、役者さんも慶州なまりで演技されているので、はじめは韓国語の勉強のつもりで見始めたんですが、見始めたら、とても温かいホームドラマで、すっかりハマってしまいました。ホームドラマでハマるのは、久しぶりです。家族に背を向けて生きてきたという主人公のドンソクも、かなりのやんちゃ者のドンヒも、本当は家族を思う愛情の深い人たちで、その不器用さが、なんだか、いとおしく思えてしまいます。
韓国ドラマによく出てくる、ちょっとヒステリックな人もいるのでその点はう~ん(--;)と思うところもありますが(^^;)、それも物語のスパイスだと思うことにして(^^;)。
全50話なので、今がちょうど折り返し地点。この先の展開が楽しみです。



[PR]
# by whoslife | 2016-11-04 10:51 | 韓国関連の話。 | Comments(0)

秋の空♪

e0199114_17400141.jpg
先週までは、10月なのに暑いなぁ~と思っていたのに、今週に入ったとたん、急に涼しくなり、秋の風を感じるようになりました。
秋は私の大好きな季節。
清々しい秋の空が大好きです。
ベランダでお洗濯物を干しながら見た雲が、なんだかお魚の形に見えたので、パチリ♪

朝晩はだいぶ涼しくなり、日中との寒暖差も大きいので、体調を崩しやすいですよね。季節の変わり目、皆さまご自愛くださいね♪


[PR]
# by whoslife | 2016-10-12 17:39 | 大阪ライフ。 | Comments(0)

スタバでランチ♪

e0199114_09091726.jpg
前回の更新から1ヶ月以上が経ってしまいました。9月になり、娘の幼稚園の2学期が始まったので、ようやく自分の時間が少し持てるわ~と思っていたのに、何だかわからないけど、とにかく毎日バタバタしてました。娘を送り出したあと、家事をこなして、あれこれ用事を済ませたらあっという間にお迎えの時間(^^;)娘が帰ってきたら、一緒に遊んだりワークをやったり。で、あっという間に夕食の準備…。なんだか余裕のない日々を送っておりました。
そんな中で、ちょっと余裕ができた日に、スタバでランチしました。
アイスゆずシトラス&ティーとフィローネシュリンプ&ビスクです。
今、スタバではティービバレッジを推してるみたいですね~。
ゆずシトラス&ティー、とても爽やかで、ゆずの皮やフルーツの果肉感も感じられ、美味しい~!
そして、エビ好きビスクスープ好きの私にはたまらない、このフィローネ!ビスクソースが濃厚で、中に入っているのマッシュポテトとビスクソースがねっとりと絡まって、とーーーーーっても美味しい!600円と若干いいお値段なんですが(^^;)それにしても美味しい!このフィローネお目当てに、時間ができたら通いつめようと思います(*^^*)


[PR]
# by whoslife | 2016-10-08 09:08 | スタバにて。 | Comments(2)
e0199114_13262292.jpg
先日、伊集院静氏著の「不運と思うな。(大人の流儀6)」を読みました。帯に「愛する人と別れ、大切な家族をなくし、夢破れ、道を失っても、人はまたいつか、ちがう幸せを手にする。」と書かれた一文に、心をギュっと捕まれました。

私は、四年前に、突然の病で大切な弟を失いました。
なんで弟が?
何か弟が悪いことをしたのか?家族が悪いことをしたのか?
なんでこんなことが起こってしまったのか?
どうして?どうして?
なんて弟は不運だったんだ…どうしてもっと早く、何かの異変に気がつけなかったんだ…
そんなことばかりが頭をめぐっていました。

弟が旅立ったあと、私は少しずつ普通の生活を取り戻し、楽しい時間も過ごし、美味しいものを食べたり、旅をしたり、そんな日常をブログに綴ってみたりしているものの、心の隅にはいつも、どこか早くに旅立った弟に後ろめたさのようなものを感じていました。
きっと、この先も弟を思うと、この気持ちは消えないと思います。
でも、この本を読んで、少し気持ちがすーっと落ち着いたような気がしています。
これからも私なりに、弟との大切な楽しかった想い出を大事にしながら、今をしっかりと歩いていこうと思いました。
そして、私も年齢だけは立派に大人なんですが、大人の話に耳を傾けることは心を豊かにするのだということを、自分の娘や姪っ子たちにも伝えていきたいな、と思いました。

[PR]
# by whoslife | 2016-08-26 13:24 | 転勤妻のつぶやき。 | Comments(0)