転勤妻の日々のできごと。大好きなカフェ巡りやささやかな日々の出来事などを綴っています^^現在大阪在住です☆


by ふう。

行楽のおともに!

フラワー工房HaRuさんでの、フラワーレッスン。
この日のレッスンテーマは「行楽のおともに!」初秋の森の中をイメージして、作成開始です。
使用するお花は、レモンリーフ、シンフォニー、ひまわり(ムーランルージュ)、SP菊(フィーリンググリーン)、野ばらの実、ワックスフラワー(パール)、ワレモコウ、青リンゴです。
どうにもセンスがなくて、バランスがうまくとれないんですが…。なんとか形になったのが、こちら。
e0199114_0424992.jpg

e0199114_0435510.jpg

私は先生のお手本を見ながら作っているから、なんとか形にできているのですが、改めて、フラワーアーティストさんのセンスって、すごいなぁ…と思います。何もないところから作り出していくんですもんね。
こちらの教室でのもう一つのお楽しみは、レッスン後にお茶&お菓子の時間があることです!
e0199114_044309.jpg

この日は、生徒さんが朝早くからケーキを作ってきてくれました。すごく美味しかったです^^ごちそうさまでした!

人気ブログランキングへ←初心者ですが、応援お願いします♪
[PR]
# by whoslife | 2010-09-23 01:01 | フラワーレッスン。 | Comments(0)
私の誕生日だったこの日、夫が北野ホテルの「ダイニングカフェ イグレック」を予約していてくれました。
e0199114_0205738.jpg

この日のディナーコースは、Menu Anniversaireというコースでした。食事に合わせてチョイスされたグラスワインが飲み放題で、お酒大好きな我々夫婦にはもってこい(?)なコースです^^
まずは、前菜。お肉が美味しくって、ついついシャンパンがすすんでしまいます。
e0199114_233623.jpg

次に、スープ。この日はカボチャのスープでした。
e0199114_23452530.jpg

次は、魚料理。このソースが白身魚とすごくマッチしていて、美味しかったぁ~!
e0199114_23501097.jpg

次は、肉料理。旬野菜と挽き肉のパイ包み焼きです。ボリューム満点^^
e0199114_2353644.jpg

写真はありませんが、ここまでの時点で、シャンパン、白ワイン、赤ワイン、結構飲んでます^^;
赤ワインは「神戸ワイン」のカベルネ・ソーヴィニヨン2002でした。これが、想像以上にクオリティーの高いワインで。アロマもよくたって、お魚でもお肉でもどちらにも合うような、バランスのいいワインでした。
この日は平日だったので、デザートは「ワゴンデセール」で、好きなだけいただけるとのこと!
e0199114_014480.jpg

この時点で、かなりおなかいっぱいだったのに、デザート見ちゃうと、食べたくなっちゃいますよねぇ。チョイスすると、このように盛り付けてくれます。
e0199114_0152980.jpg

最後に、バースデーケーキが登場!予約の時に夫がこのケーキを頼んでくれていたのだとか。
e0199114_0161095.jpg

もう誕生日が来ても、喜べる年ではないのですが^^;それでも、こうしてお祝いをしていもらえるというのはありがたいことです。
ソムリエの方をはじめ、お店の方の感じがとてもよく、楽しく落ち着いて食事を楽しめました。
また、機会があったら、ぜひ行きたいお店のひとつになりました!

人気ブログランキングへ←初心者ですが、応援お願いします♪
[PR]
# by whoslife | 2010-09-23 00:28 | 神戸にて。 | Comments(0)
e0199114_22491439.jpg

1年半前は神戸に住んでいました。
いつも、北野周辺を散策するときに北野ホテルの前をよく通っては、「いつか泊まってみたいなぁ…」と思っていたのですが、機会がないまま鳥取へ引っ越し。とても心残りでした。
今回、京都と神戸への旅行がちょうど私の誕生日と重なったこともあり、夫が北野ホテルでの宿泊をプレゼントしてくれました。
e0199114_22542350.jpg

e0199114_22552744.jpg

e0199114_2345431.jpg

エントランスの赤いソファーが印象的で、とても落ち着く雰囲気です。
ちょっと早めの到着だったにもかかわらず、快くチェックインさせてくださいました。
お部屋は白を基調とした清潔感溢れるお部屋です。
e0199114_23162330.jpg

バスルームも広々としていて、とてもきれい。ジャグジー付のバスタブでした。
アメニティーはクラランスでした。
オーベルジュスタイルのホテルだということなので、ディナーもホテルでいただくことにして、ゆったりホテルステイを楽しみました。
ディナーと「世界一の朝食」については、また後ほど^^

人気ブログランキングへ←初心者ですが、応援お願いします。
[PR]
# by whoslife | 2010-09-21 23:25 | 神戸にて。 | Comments(0)
e0199114_19531218.jpg

夫との京都旅行中、歩いていてふと見つけた「IYEMON SALON KYOTO」。美味しいお茶が飲みたいね、ということで、入ってみました♪
私たちは、TEA COUNTERのみでいただける、スペシャルな季節のおすすめ茶をいただくことに。
夫は「氷出碾茶水菓子SET」をオーダー。碾茶とは、抹茶を石臼で挽く前のお茶のことで、これを一晩じっくりと氷出ししたものだそうです。
e0199114_207477.jpg

写真ではわかりづらいのですが、このグラスは高さが10センチ程度の大きさのもの。その中にこれくらいしかお茶が入っていないんですね。最初出していただいたときは、「えっ?少ないね。」と夫と話していたのですが、ひとくち口に含んでみたら、夫が「うわっ、すごいなこれ。」と。私もひとくちいただいてみたのですが、渋みが全く無く、むしろ、甘いんです。それで、お出汁の風味が感じられるほどの奥深さがあって。カウンターでお茶をいれてくださる方に聞いてみたところ、「うまみ成分のアミノ酸が豊富に出るために、このようなお味になるんですよ。」とのこと。これだけの濃厚さなら、このくらいの量でも十分に楽しませてもらえるな、と思いました。そして、つぎは、水出しした2煎目の碾茶と水菓子を出していただきました。
e0199114_2033373.jpg

こちらも渋みは全くないものの、とても爽やかな甘みが感じられるお茶でした。
私は「水出し玉露」をオーダー。
e0199114_2037299.jpg

こちらでは、茶器に玉露と氷を入れて、氷が解けた水でお茶を出すそうです。オーダーしてから1煎目が入るまではちょっと時間がかかります。
そして、入れていただいたお茶が、下の写真の左側。右側のグラスとの比較を見てもらえばわかるとおり、一度に入れていただく量はこのくらいの量です。
e0199114_2045686.jpg

これを、3煎目までいただくことができます。1煎目、2煎目、3煎目と、茶葉の開き具合が変わってくることによって、出されるお茶の味が違ってくるのがホントに面白かったです。
e0199114_2056468.jpg

ありきたりないい方だけれども、お茶って奥深いものですね。
たまには、ゆっくり時間をかけて氷や水でお茶を入れてみるのもいいかもしれませんね。

≪お店の情報≫
京都府中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總ビル1F
TEL/075-222-1500

人気ブログランキングへ←初心者ですが、応援お願いします♪ 
[PR]
# by whoslife | 2010-09-21 21:11 | 京都にて。 | Comments(0)

夏の終わりのブーケ

今年の6月から、「フラワー工房HaRu(ハル)」さんのシーズンフラワーレッスンに通っています。
それまでは、たまにお花を買いに伺っていたのですが、店内がとてもかわいいし、なにより、オーナーさんがすごく素敵な方で。いつかお花を習ってみたいなぁ…と思っていたのですが、「こういうセンスのいいお店をなさっている方から習いたい!」と思って、通い始めました。

この日のレッスンテーマは「夏の終わりのブーケ」。
使用するお花は、ケイトウ、ダリア、ひまわり(モネのひまわり)、アンスリューム(ピスタチオ)、ドラセナ、かすみ草(ミリオンスター)、アワ、ミスカンサスでした。
はじめて、自分でブーケを作ったのですが、ブーケにするのって、難しいんですね…。プロの方がするのを見ているだけなら、そんなに難しそうに見えないのに、いざ自分でやろうとすると、ホントに難しい。先生のお手本に少しでも近づけるように…と思って束ねてみるものの、やはり、なにかが、どこかが違うのね…。
そんなこんなで、なんとか出来上がった作品がこちらです。
e0199114_23533577.jpg

月に2回のレッスンですが、お花に触れている時間が、私にとって、とても癒しの時間になっています。知り合いのいない土地での生活を余儀なくされるわたしにとっては、先生やレッスンの受講生のみなさんとのおしゃべりの時間も、どんなに救われていることか…。お花を前にすると、みんな自然と笑顔になるのもいいですよね。これからも大切にしていきたい時間です。

人気ブログランキングへ←初心者ですが、応援おねがいします♪
[PR]
# by whoslife | 2010-09-21 00:00 | フラワーレッスン。 | Comments(0)