転勤妻の日々のできごと。大好きなカフェ巡りやささやかな日々の出来事などを綴っています^^現在大阪在住です☆


by ふう。
祇園麺処むらじさんで美味しいラーメンをいただいたあと、ふたたび白川の巽橋を渡り、「甘味どころ ぎをん 小森」さんへ伺いました。
e0199114_22281780.jpg
小森さんやむらじさんがある、祇園の新町通りは、京町家の保存地区だそうで、本当に素敵な街並みなのですが、こちら、小森さんの建物もとても風情と歴史を感じる素敵な建物です。
e0199114_22312474.jpg
中庭を眺められる1階のお座敷に通していただきました。
e0199114_22363300.jpg
なんだか、時間がゆっくり過ぎているような、そんな気持ちにさせてくれる素敵な空間です。
☆小森あんみつ(1200円)
e0199114_22392439.jpg
私は、小森あんみつをオーダー。みつは、黒みつか抹茶みつを選べたので、私は抹茶みつにしました。この抹茶みつが、とても美味しくて!やさしい甘さと程よい苦味も感じられ、あんみつの中にある吉野の葛にとても合います。あんも甘さ控えめで小豆の旨味がしっかり感じられてすごく美味しかったです!
☆もちぜんざい(1000円)
e0199114_22501024.jpg
夫は、寒いから~と、もちぜんざいをオーダー。とても美味しかったようで、「これくらいの甘さが、ちょうどいいなぁ~」と言いながら、あっという間に平らげていました(^^;
☆抹茶アイス(800円)
e0199114_22565890.jpg
娘は、大好きな抹茶アイスをオーダー。うちの娘は、少し苦味のある抹茶アイスが好きなのですが、こちらのアイスは、娘の好みにドンピシャだったようで、美味しい~を連発しながら、完食しました(^^;結構な大きさがあったので、全部は食べられないかも…という母の心配は杞憂に終わりました(^^;

素敵な空間で、絶品の甘味をいただき、本当に癒されました!
今度は、かき氷の時期にまた伺いたいと思います!

《お店の情報》 
住所 京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61
電話 075-561-0504
営業時間 11時~21時(日、祝日、12月~2月は20時)
定休日 水曜日


[PR]
# by whoslife | 2017-02-07 22:20 | 京都にて。 | Comments(4)
八坂神社を後にして、勢いだけのノープランで来た私たちは、どこでランチをするかを考えることに。いろいろ、サイトを検索しようかとも思ったのですが、ひとまず祇園に向かおうということになりました。
e0199114_22370446.jpg
てくてく歩き、白川に架かる巽橋に行き、細い切り通しの小路を入ったら、とってもステキな雰囲気のお店を発見♪
e0199114_22421139.jpg
えっ?ここ、何屋さん?と近寄ってみたら、なんと、ラーメン屋さん。濃厚鶏白湯ラーメンのお店とのこと。店先のメニューを拝見したら、とっても美味しそう!京町家の横壁、切り通し沿いの隠れ家的な入口。なんて素敵なのかしら!ということで、ランチはこちらでいただくことに。
1階は完全予約制と書いてあったので、2階に上がると、3組ほど待っていらっしゃいました。でも、ラーメン屋さんは回転早いですから、程なく2階のテーブル席に通していただきました。
e0199114_22483866.jpg
☆ラーメン鶏黒(しょうゆ)830円
e0199114_22510933.jpg
とても濃厚な、とろみのあるスープです。鶏の旨味がギュっと濃縮されたクリーミーなスープです。濃厚なんですが、後味はすっきりしていて、とっても美味しい!トッピングに揚げたゴボウが乗っているんですが、これがまた鶏白湯スープとよく合います!麺は自家製のストレート麺とのこと。もちっとして、しっとりした食感。スープがよく絡みます。娘も「美味しい!」といってモリモリ食べました(^^)
☆檸檬ラーメン(期間限定)880円
e0199114_23105425.jpg
ラーメンに、レモン?だ、大丈夫?と思いましたが(^^;濃厚な鶏白湯スープとレモンの酸味がとてもよく合います!さっぱりしたのがお好みのうちの夫は、とても気に入ったようです(^^)レモンのスライスがたっぷり乗っけられているこのビジュアルも、なんだかいいですよね(^^)
☆むらじの鶏唐揚げ 600円
e0199114_23202680.jpg
サイドメニューに、夫と娘の大好物、唐揚げがあったので、思わずオーダー(^^)ふたりでモリモリ食べて、私は一口しかもらえませんでしたが(^^;ジューシーでカリカリで、とても美味しい唐揚げでした。
素敵な空間で、美味しいラーメンをいただけて、とてもいいランチタイムとなりました!

《お店の情報》
住所 京都市東山区清本町373-3
電話 075-744-1144
営業時間 月~金 11時30分~15時/ 17時~翌3時
     土 11時30分~翌3時
日・祝 11時30分~20時
(ラストオーダーは閉店時間の30分前。仕込み分がなくなり次第閉店となるそうです。)


[PR]
# by whoslife | 2017-02-04 22:28 | 京都にて。 | Comments(0)
日曜日の朝、起きてすぐのこと。娘が、「どこか、ちょっと遠くに行きたいなぁ~。」と突然言い出しました。ちょっと遠くねぇ…と考えること数秒。「そうだ、京都へ行こう!」と娘。京都が我が家からちょっと遠いところだって認識していることに感動した親バカな私たちは、娘のお誘いに乗ることにしました006.gif
行き先も、ランチの場所も、何も下調べもせずに、とりあえず朝食とお洗濯を済ませて、阪急河原町駅へと向かいました。
電車のなかで、家族会議。ひとまず、八坂神社に行こうということになり、八坂神社に向かうことになりました。
e0199114_15320020.jpg
八坂神社の御祭神は、スサノヲノミコト・クシイナダヒメノミコト・ヤハシラノミコガミ。厄除や疫病退散、無病息災のご利益があると言われています。
日曜日の午前中だったので、多くの方がご参拝されていました。
3人でしっかりお詣りさせていただき、御朱印もいただいて参りました。
e0199114_10075748.jpg
御朱印をお願いしている間、夫と娘はおみくじをひきに行っていたのですが、娘が大きな声で「お母さーん、大当たりだったよぉー!」と走ってきました。生まれてはじめてひいたおみくじで、なんと、大吉をひいてきました!周りにいた皆さんや、神社の方々に「よかったねぇ!」とたくさん言っていただきましたが、大当たりって^^;でも、娘のおかげで、幸先よく、2017年を迎えられそうです006.gif

[PR]
# by whoslife | 2017-01-23 15:20 | 大阪ライフ。 | Comments(0)
「靴と男は妥協しちゃダメよ!」
という台詞を、昔、何かのドラマで聞いたことがあります。
以来、この台詞は、私の中で大切な格言(?)の1つとして、今なお心に残っております037.gif

甲高、幅広、サイズも24.5か25。私の足は、靴選びがホントに大変です!20代の若い頃は、それでも高いヒールや見た目が素敵な靴を履きたくて、多少足に合わなくても無理矢理履いてみたものですが…。駅から職場までの15分くらいの徒歩ですら、足が痛くて半泣きになりながら、何かの修行かよ!と思いながら歩いたこともあります008.gif
アラフォーとなった今は、もうそんな修行はできません。
妥協せずに、いろいろなメーカーさんの靴を試してみましたが、こんな私の問題児な足にも快適にフィットしてくれるブランドのひとつが、「Le Talon」さんです。
履いたときのクッションが足に優しくて、長時間履いても痛くないんです。しかも、お値段も、パンプス系なら高くても1万円するかしないか位なので、お財布にも優しいです006.gif
それが、今、セールで40~50%オフになっているというので、行ってきました!
☆黒のファー付ピットローファー
e0199114_10330148.jpg
☆ダークシルバーのパンプス
e0199114_10342625.jpg
この2足とも40%オフの上、2足買うとさらに10%オフになりまして。
この2足で合計1万円位でした!
いやー、ホントにありがたい016.gif黒のファー付のローファーは、プロパーの時に買おうかどうか迷っていたものだったので、残っていてくれて、ホントに嬉しかったです~001.gif
いいお買い物ができて、私の足も喜んでます♪

[PR]
# by whoslife | 2017-01-18 10:11 | 大阪ライフ。 | Comments(4)
今日で、阪神淡路大震災から22年。
夫はこの時、神戸の大学に通っていて、東灘区のマンションに住んでいたそうです。
何が起きたか、すぐにわからない程の揺れが襲ってきた、と話してくれたことがあります。
6434人の尊い命。数字では「6434」と表されるけど、この数字の裏には、計り知れない悲しみが広く、深く刻まれているのだと思います。
e0199114_17001893.jpg
21年前、友人と一緒に、震災から1年経った神戸に行きました。
震災復興支援のためのコンサートを見に行ったのですが、このときに、小学生の子どもたちが歌ってくれた「しあわせ運べるように」という歌を聞いて、涙が止まりませんでした。
この歌を、神戸の子どもたちは今なお歌い継いでいます。
震災を忘れない、風化させない、後世にしっかり語り継ぐ、という覚悟を感じます。

天災は、いつやってくるかわかりません。
阪神淡路の震災のあとも、多くの天災が日本を襲い、その度毎に、「この教訓を生かして」という言葉を聞いてきたけれど、私は、恥ずかしながら、ちゃんと生かせていないような気がします。 
本当に、しっかりと考えなければ…と思います。



[PR]
# by whoslife | 2017-01-17 16:47 | 転勤妻のつぶやき。 | Comments(4)